蛍光分光光度計

保有設備

蛍光分光光度計

蛍光分光光度計蛍光分光光度計

蛍光分光光度計は、物質が熱や化学反応からエネルギーを獲得すると、そのエネルギーを再び光として放射する、発光ルミネッセンスの原理を利用した分析機器です。放射される光は、蛍光とりん光の2種類となりますが、そのうちの蛍光を利用する形になります。
蛍光分光光度計は、透過光を測定する吸光光度計と違い、発光する蛍光そのものを測定します。さらに鏡像関係にある励起スペクトルを測定出来るため、高感度の分析が可能です。

情報提供


▶︎メールマガジン

環境関連の情報や法令等の制定・改正情報など役立つ情報をメールマガジンとして月に2回配信しています。

品質保証への取り組み