レーザー回折式粒度分布測定装置

保有設備

レーザー回折式粒度分布測定装置

レーザー回折式粒度分布測定装置レーザー回折式粒度分布測定装置

レーザー回折法の粒子径の測定原理は、サンプル粒子にレーザー光を照射し、その散乱光の強度・回折角が粒子の大きさに依存することを利用しています。
LSM-3000(Malvern社製)は、最少10nm~最大3,500μmまでの幅広いレンジを高精度で測定できます。また、乾式・湿式それのれの測定を高精度・高再現性で実施いたします。
医薬品の製剤の粒子径の測定に活用していきます。

情報提供


▶︎メールマガジン

環境関連の情報や法令等の制定・改正情報など役立つ情報をメールマガジンとして月に2回配信しています。

品質保証への取り組み