示差走査熱量計(DSC)

保有設備

示差走査熱量計(DSC)

示差走査熱量計(DSC)示差走査熱量計(DSC)

示差走査熱量分析装置(DSC)は、試料及び基準物質で構成される試料部の温度を変化させながら、その試料と基準物質の温度差を測定する方法です。具体的には、その温度差を測定することにより、反応等に伴う吸発熱ピークを確認することができます。また、ピークの面積値から熱量が分かります。無機から有機、高分子をはじめとする材料に見られる現象、物性を知ることができ、物性評価等の様々な用途に用いられています。

   

情報提供


▶︎メールマガジン

環境関連の情報や法令等の制定・改正情報など役立つ情報をメールマガジンとして月に2回配信しています。

品質保証への取り組み